薬剤師の現状

これから医療業界へ就職をしようと考えている時に、様々な職種を見ていくことになりますが、薬学部関連の方だと薬剤師になりたいという方もいるでしょう。
この薬剤師というのは、現在提供されている医薬品の知識などをしっかりと持っているスペシャリストとして見られることが多いです。
薬を利用することによって病気やケガの治療に活かしていくことができるために、適している薬をしっかりとした分量で調合していったり、研究しながら新薬の開発を進めていくのが仕事となっています。


一般的に知られる、薬剤師が活躍していく環境というのが調剤薬局ですが、そもそも調剤という言葉は、医師が出した処方せんをもとに正しい分量で薬を調合することです。
指示された薬が、治療をしている患者に問題があるかどうかを確認していく作業も行っていきます。
医療ミスを防いでいくことによって、確実な治療を進めていくことになります。
そして病院で働いている薬剤師というのも少なくありません。
病院というのは入院している患者が多いため、提供する薬も注射液だったり点滴で使用する輸液そして内服薬などもあります。
多くの薬の知識が必要となっていくことでしょう。


そんな医療や患者との架け橋をつないでいく仕事を担う薬剤師なのですが、近年不足しているという情報も流れています。
一体なぜ薬剤師が不足しているような状況が生み出されているのでしょうか。
様々な側面などから見ていくことにします。